Weblog

1

31/07: 『サーク・オン・サーク』ダグラス・サーク&ジョン・ハリディ編

ロシア史研究者ジョン・ハリディが映画監督ダグラス・サークと行ったインタヴュー本の翻訳である。本の中でサークは「アメリカン・シネマ」*1等を挙げて、今日では映画批評家の地位が文芸批評家に引けを取らなくなったと喜ぶ。その書物の中でサリスは、1950年代のカイエ・デュ・シネマ他フランス人批評家たちが提唱した作家主義のコンテクストを引き次ぎ、ニコラス・レイ、ヴィンセント・ミネリ、オットー・プレミンジャー、ロバート・アルドリッチ、サミュエル・フラーといった50年代に顕著なアメリカ映画を残した作家のなかにサークを再配置する。インタヴューはサリス本の出版後程なく1970年春に開始された。サーク再評価に役立つであろうその布置を本書は全くといっていいほど引き受けようとしない。上掲の名前中、本書で言及されるのは僅かに『ショックプルーフ』(1948)で協働したフラーのみである。「第一章 ドイツ時代の演劇」から「第六章 ハリウッドのあと」まで、映画/演劇人サークの全キャリアを網羅するインタヴューから成る前半と、それに勝るとも劣らない後半の資料(バイオグラフィ/フィルモグラフィ/テアトログラフィ/ビブリオグラフィ)とを併せ読むことで、前後半個々に思い描かれるサーク像の輪郭に動揺が生じ、生命がその間隙に吹きこまれる。何かそうした構成に見える。


En savoir plus ...

tag info
, ,

22/07: ダグラス・サーク〜かなしみのハッピーエンディング

第30回ぴあフィルムフェスティヴァルの特集上映「ダグラス・サーク〜かなしみのハッピーエンディング」が始まった。ラインアップは独ウーファ時代の作品が3作と代表作が目白押しの米ユニヴァーサル時代からの8作である。今回の上映の為に世界中から最良のプリントが集められ、35/16ミリ/シネマスコープ映写機と字幕用ヴィデオプロジェクタが用意された。「世界で一本しかないマテリアル*1を含む作品の上映回数は各3度までということで、こうした好条件でサークの映画を見る機会は今後ないかもしれない。当日券の余地は未だあるようなのでチケットを取れなかった方も諦めないで劇場までお越しください(フェスティヴァル・ディレクター荒木啓子氏)」、とのこと。


En savoir plus ...

tag info
, , , ,
1