23/04: 3D!!!

ヒッチコックの『ダイヤルMを廻せ』が3D映画として撮られたことは知っていた(主に鑑賞の際、眼鏡着用の煩わしさから3Dブームは思いの外短命に終わり、公開されたのはノーマル版であった)けれど、じっさい3D版で観た場合、どのように(違って)見えるものなのか迄は思い至らない。先日、この等閑されて久しい問題に新たなスポットライトを投じる絶好の機会に遭遇した。4月上旬に開催されたFIAF 2007 TOKYOで、3Dに関するレクチャーが例の色眼鏡(参考上映)付で行われた。そこには未知の驚きが地雷のように仕込まれていた。


En savoir plus ...

tag info
, ,