Weblog

1

03/10: シネマの冒険 闇と音楽2012

フィルムセンター定例の伴奏付きサイレント上映企画は、去る9月4日〜9日に開催されました。今年はロシア・ソヴィエトの無声映画から8本がラインナップされました。ほとんど観る機会のない作品ばかりです。普仏戦争下のパリコミューンを描いた劇映画『新バビロン』(1929年)は伴奏なしの回の上映でしたが、恐らくこのシーンは皆で声を張り上げて「ラ・マルセイエーズ」を歌っている、こちらのシーンは「インターナショナル」だろうか。新奇な画面構成や撮影技法の輻輳のなかに浮上する幾筋ものストーリィに、じゅうぶんに可視化されてある不可聴の音楽がダイナミックな奥行きを付加する。トーキー以降にサウンドトラックを得て深く根付いた手法の萌芽であるでしょう。新たな配置はまた、音楽自身の秩序を組み替えようとする。19世紀末に作られ次世紀の社会主義運動まで引き継がれる「インターナショナル」と18世紀の王制打破の南仏の志願兵たちの「ラ・マルセイエーズ」、古めかしく“見える”のはどちち?



En savoir plus ...

tag info
, , , , ,

11/11: 『波高き日』Terje Vigen(1917)

ノルウェーの劇作家H.イプセンが新聞に発表した叙事詩『Terje Vigen』はスウェーデンの監督ヴィクトール・シューストレエムによって映画化された。35mm映写機が無かったからかどうか知らないが、上映された版はスタンダードサイズの横だけが左右に引っぱられてヴィスタ幅になり、登場人物たちは逆シネマスコープ現象でずんぐりむっくりのリリパット族になった。何だかおかしな具合ながら釣られて笑うものはない。この作品はイプセン没後百年のイベントとして上映されました。韻文詩『Terje Vigen』の日本語訳はこちらです。


En savoir plus ...

tag info
, , , ,
1