Weblog

1

03/03: ハントンライスって!?

近日池袋西武デパートで催される石川の物産展の折り込みチラシを眺めていたら、ハントンライスなるものが実演販売されるという。ハントンライスって初めて聞くので、金沢っ子の母に知ってる?と水を向けると意外にもよく知ってるという返事である。金沢だけにしかない料理なんだそうな。大学進学まで金沢にいたけどそんなの見たことも聞いたこともない。ではひとつ食べに行ってみたら。イートインコーナーは意外にも大黒屋と云ううどん屋だった。広告写真のときは洋食に見えたのに、大丈夫かなぁ。迷っている脇ではうどんや蕎麦の即売もしていて、こちらのほうはすでに盛況である。うどんなら安心。加賀のうどんは白玉みたい、讃岐や伊勢のようなツルツルシコシコの歯ごたえをではなくてつなぎの水の歯ざわりを味わうことに重きがあるようで。うどんの玉と真空パックのお出しを購入する頃には気持ちも決まって次、食券を買う段取りとなった。


En savoir plus ...

tag info
,

08/08: 土用干し

梅干しが土用干しに入って今日は数えて4日目。三日三晩天日と夜露に当てた最終日。今回が初めての梅干し作り。おまけに1日目の夕方から天候の心配ばかりで。いつの間にか空一面の雲、何処か遠くで始まった日曜の花火大会のようにあり得ない長閑かさで響く雷に耳をそばだて。2日目もネットの午後の降水量確率40%の数字に降りそぼつ雨の庭の情景がアリアリと目に浮かぶものの現実には一滴のおこぼれもなし。そんなこんなでヒヤヒヤさせられぱなしだった。3日目の昨日はやっと天気の心配がなかったと思ったら赤梅酢を天日に晒すのを忘れ大慌て。で、やっと今日のお昼に土用干しも終わり、味が馴染むまでの半年間眠りにつきます。おやすみなさい…umekos


En savoir plus ...

tag info
, ,

03/06: デパートの物産展で~大友楼

池袋西武で石川の物産展をやっている。なんとなく覗いてみたら大友楼のイートインがあった。大友楼は伝統ある料亭らしいが昔のことはあまり知らない。それよりも記憶にあるのは駅弁だ。かつて、ここの駅弁には加賀の郷土料理である鴨の治部煮を安上がりに牛でアレンジした具が入っていた。ご飯以外のスペースのほとんどはそれだけ、それと治部煮につきものの山葵を忘れたことがないのとで占拠される。他の具材も幾つかあったようだが思い出せない。これで駅弁の包み紙には〈金沢名物幕の内弁当〉などと書かれていた。まあ治部煮自体冬場の季節もので駅弁向きではないものを、今にして思うと不思議な駅弁だった。


En savoir plus ...

tag info
, ,

24/12: 一晩早くXmasケーキを食べました

本日のメニュー



ハンバーグ デミグラソース添え,
ポテトサラダ
キャベツの千切り
油揚げと大根の御御御付け
イカスミ チャパッタ

シャトー・ル・ロンデール
2002




En savoir plus ...

tag info
, , ,

29/10: ヨウショクの話〜たいめいけん

容色、要職、養殖、洋食。最初に使われたのはどれなのだか、でも洋食ではないだろう。文明開化のころまで遡らなくても、大正期から昭和に懸けてライスカレー、コロッケ、トンカツ等が、魚の切り身と同等の主菜として夕ご飯のお皿に上るようになった頃に定着したのだろうか。漱石で有名な田原屋は平成になって閉店してしまったけれど、明治38年創業の銀座の煉瓦亭はいつも行列である。イワシの干物やサバの船場汁のような、曾てのご飯のすすむおかず、といっても前者の塩辛さ、後者のねこまんま性が大量のご飯の消化を可能にしただけで、御馳走のご本尊は白いご飯そのものか。


En savoir plus ...

tag info
,

26/08: 和三盆のラスク〜Konditorei Nishikiya

雑味を除かれた肌理細やかな和三盆は高級和菓子に用いられる。高級なと云うと小豆や手芒を漉す手間を要する上用饅頭や練切りといった茶道のお菓子を想像する。そうした処に使用されても一向に構わないことだけれど、餡と形と色とで奏でるハーモニーを邪魔立てしない従順しさが生かされるに過ぎない。和三盆を干菓子に固めていただく事の多い地方で育った者としては誠に勿体ない。落雁は和三盆を米粉を繋ぎにして固める、佳いものであればそのままの風味が味わえる。その食感は長崎で口砂香と表記されたこともあるという、まさに字に見る通りの幸福が一欠片の落雁から生じる。


En savoir plus ...

tag info
, ,

16/04: 雪路〜神楽坂五十鈴

春は名のみの風の寒さヲオオ〜さぶっ、お花見シーズンも過ぎたこの週末、東京の気温はすっかり落ち込んでしまいました。時間が一と月ほど逆戻ったような塩梅です。でも暦は待ったなし。上からは霙混じりの雨に打ちひしがれ下からは舗道から立ち上る冷気に縮み上がりの首都定住者たちを放り出したまま、GWから初夏に向かって独走中です。JR飯田橋から毘沙門天へ上る神楽坂商店街を散策していたら、ブティックの前には夏物の透けキャミが五月の鯉の吹き流しのような無気力さで吊しのハンガーに引っ掛かっている模様、何だか新品には見えなくて去年の売れ残りみたい。菓子舗の前では只今豆カンが出来上がりました、出来たてで美味しゅうございますぅ〜、さむうぃんだってば!



En savoir plus ...

tag info
, ,
1