24/04: 『タラの心』 The heart of Tara (1916)

映画の修復というのは、この10年程の間に格段の進歩を遂げたようである。寿命60年、80年、100年とも云われるナイトレート媒体の劣化の復原/保全はなおも非常に高価であるけれど、コンピュータのデジタル・イメージ・プロセッシングを使ったコマ単位の修復作業は既に世界のフィルムアーカイヴの常識である。昨今のフィルム復原の成果の一つを早稲田大学演劇博物館デジタルアーカイブ・コレクション ttp://www.enpaku.waseda.ac.jp/db/mov/index.html(要RealPlayer)で確認することができる。


En savoir plus ...

tag info
, , ,