Weblog

1 | 2 | Next»

09/03: 彗星2011 -2-

ミンスク(ベラルーシ)で開催中の2012フィギュアスケート・ジュニア世界選手権の女子フリーが日本時間4日未明に行われ、今シーズンのジュニアは総ての日程を終了しました。優勝は大方の予想通り、ロシアのユリア・リプニツカヤ(13歳)、二位がアメリカの16歳、グレイシー・ゴールド、三位に昨年優勝のソトニコワ(15歳)。台乗りの三名は点数的に頭三つ抜けで四位以下は大きく水を開けられた格構です【下のPDF参照】。今世紀に入ってアジア系(含アジア系アメリカ人)に席巻されてきた表彰台に、昨シーズン辺りから欧米系が戻ったようです。この流れは二年後のソチ(ロシア)と六年後の平昌(韓国)の両オリンピック間の何処かであるかも知れないISU:国際スケート連盟によるギアチェンジまでは続きそうな雲行です。我が世の春を謳歌していた日本選手にとって冬の時代の到来で。とは云え地球規模の温暖化が懸念される時代だけに先のことは解りませんけれど。

 


En savoir plus ...

tag info
,

04/12: 彗星2011

12月の聲を聴くと2011年のフィギュアシーズンはそろそろ折返し点です。女子シングル前半の話題は何といってもロシアの14歳トゥクタミシェワ選手の活躍です。今季は2011ワールドの優勝、準優勝者が休養のため不在です。2年後に自国開催のオリンピックを控え近年ジュニア選手の強化に余念のないロシアは昨シーズンのジュニアグランプリシリーズとワールドの1、2位を独占しました。今季はその2人がシニア参戦するとあってシーズン前からニュー・スターの誕生が噂されていました。蓋を開けてみるとジュニアグランプリとジュニアワールドを制しソチの不動の星と思われた15歳のソトニコワ選手が怪我とジャンプの不調で意外にも成績が揮いません*1

代って俄然注目を集めるのがトゥクタミシェワです。今季の彼女は緒戦のグランプリシリーズカナダ大会優勝、2戦目のフランス大会優勝とここまで負け知らず、獲得ポイント一位でグランプリファイナル出場を決めました。シニア一年生のグランプリシリーズ緒戦優勝も二試合優勝も前例のないレコードです。彼女は11歳のロシアンナショナル2008*2に初出場して10位になった頃からそのジャンプ能力で知られていました。彼女の成功の理由はシニアに負けない高いジャンプ技術にあるのは明らかです。ほとんどのシニア選手のジャンプは彼女に及ばないと云っても過言ではない。



En savoir plus ...

tag info
,

01/12: 西本監督、安らかに

2番は誰だったろう。気になって調べてみたら田宮謙次郎だった。田宮というと昔読んだ本の日大柔道部出というイメージばかり覚えている。否、1960年40歳の西本に率いられてパリーグを制した大毎ミサイル打線の2番である。セとパの最大の違いは2番打者である(あった)。それが始まったのは何時なのか、確認できる範囲では西鉄ライオンズの仰木に落ち着きそうである。去る11月25日、パリーグ草創期からの重鎮西本幸雄氏が亡くなられて最初に思ったことである。大毎を後にした西本は次に阪急黄金期の大熊忠義、近鉄いてまえ〜打線の石渡茂と渋い2番打者を育てている。仰木を2番に起用したのは知将三原脩だが、彼は西本と正反対にヤマっ気じゅうぶんの魅せる軍師だった。川上哲治と同世代の西本には斯界の大先輩かつ野球界の大スターいうことになる。堅実すぎて面白みを欠くという風評に一顧だに与えず常勝の道を模索していた西本采配の根底には川上巨人の勝つための管理野球と一線を画して三原魔術との葛藤があったように思う。現在のパリーグにはブレーブスもオリオンズもいない。バッファローズだけが残る。イチローがブレーブスの後身ブルージェイズ時代に2番を勤めたことがあったかどうか思い出せないのだけれど、彼のスタイルはパリーグ2番の理想型なのである。イチローの成功ととも三原-西本-仰木のパリーグは世界的となった。西本さん、お疲れさまでした。どうもありがとう。



tag info
,

18/10: OPシーズンのための安藤美姫の選曲

2009-2010のフィギュアスケート界はオリンピック(OP)シーズンを迎える。スポーツ人口の少ないフィギュアスケートが世界的に注目される四年に一度の大イベントである。ほとんどの選手はオリンピックの晴れ舞台で輝くために競技生活を続けている。そんな区切りのシーズンだけに、だれもが絶対の自信を以て取って置きのプロを披露しようと、SP/FSプログラムの選曲には例年以上に熱が入る。最も注目度の高い女子シングルの選手たちの選曲もだいたい出揃い、OPの定番ちゅうの定番、「カルメン」は現在確認できるだけで二人*1が使用予定と、GPS開幕前だというのに既にOPムードは順調に盛り上りちゅうである。


En savoir plus ...

tag info
, ,

29/04: こんにちは, スポッツニュースです-3-

[承前] 引き続いてSBSスポ−ツニュースの英訳の問題点について考察する。



En savoir plus ...

tag info
, ,

26/03: こんにちは, スポッツニュースです-2-

[承前] 引き続いてSBSスポ−ツニュースの英訳の問題点について考察する。



En savoir plus ...

tag info
, , ,

22/03: こんにちは, スポッツニュースです-1-

3月14日に海の向こうの韓国でオンエアされた一つのニュースがフィギュアスケートファンの間に物議を醸すことになる。

韓国SBS スポーツニュース キムヨナ独占インタビュー

その日、韓国では公共放送のKBS、民放のMBCに次ぐキー局、SBSのスポーツニュースが同国のフィギュアスケート選手キムヨナへの独占インタビューを放送している。報道内容は「同国唯一のトップ選手であるキムは試合前のウォームアップ時、他国選手から意図的な練習妨害を受けている。妨害しているのは日本選手である。」というものである。世界選手権まで10日足らずのこの時期にこうした報道が行われることも異例なら、特定国を名指しているからというのではない、練習妨害を問題にすることそれ自体が異例である*1。ニュース映像はその日のうちに韓国のyoutubeにアップされる。直後から報道のメッセージ「日本人による妨害行為」の強化を目的とする種々の派生動画が韓国のキムヨナファンの手で作成されてyoutubeにアップされる。それらには続々とハングルによるコメントが付けられて韓国内でWBCほどではないにしろホットな話題となる。情報は少しの時差で日本の浅田真央ファンによってキャッチされて国内掲示板やSNSにニュース動画の所在が知らされるのを合図にそれに対する反論コメント作戦が開始される*2。さらにその後、ニュースは主要な北米のフィギュア掲示板に飛び火して世界中のファンの知る処となる。SBSニュースにはキム選手のインタビューだけではなくて最近の競技会でのキム選手の練習風景の切れ端し映像がいくつかモンタージュされているのだが、キム選手に悪さをしたという選手は映像内でモザイク処理で表わされている(恰も犯罪者であると云わんばかり!)為、それが誰なのかは判読不能である。ところが派生動画のほうではモザイクをかける前の動画が使用されているものもあったりもするので犯人特定は容易である。SBSでぼかされているのは浅田真央、中野友加里の2名である。さらに派生動画のほうは「日本選手による妨害行為」のメッセージを敷衍すべく、オリジナルに無い安藤美姫の捏造動画*3が追加される。こうして半日も経過しない間に日韓ファンのヒステリックな祭り状態になる。ところが一夜明けてみるとあ〜ら不思議、騒動は一気に終息へ向かう。言い出しっぺのSBSは当該動画の著作権者という伝家の宝刀を抜いてyoutube動画を削除する火消しに躍起となる。そして韓国のキムファンは、キム選手はインタビューで日本選手とは明言しなかった、とか、SBSがインタビューを意図的に捩じ曲げて反日感情を煽る番組を作成した、とか、SBSに云わせると、韓国ファンが暴走した、とかetc.。北米掲示板の議論の方向も「SBSの行き過ぎ報道」という穏当な落とし処に落ち着いた後は日韓の掲示板にナショナリズムの火種がぶすぶすと燻り続けるばかりである。


En savoir plus ...

tag info
, , , ,

03/01: ソチまで後5年

2014年、国交断絶状態にあるグルジアから目と鼻の先のロシア南部、黒海沿岸のリゾート地ソチ*1で冬季オリンピックが開催予定である。冬季オリンピックがロシアで開催されるのは初めてということですでに当地はオリンピックバブルに沸いている模様である。ロシアの冬期大会でのメダル獲得総数は14位(2009年1月現在)であるが、旧ソ連邦時代は1956年のコルティナダンペッツォ大会からの参加にもかかわらず、獲得メダル総数194個はドイツ・ノルウェーに次いで歴代3位であるし、これに1992年アルベールビルのEUNと1994年以降のロシアの分を加えると300にも届こうという数字である。競技別だとロシア時代になってからはフィギュアスケートとクロスカントリースキーが各20個以上を獲得している。種目数が10を越えるクロスカントリースキーに比べ、4種目しかないフィギュアスケートでのメダル占有率の高さがここでは目を引く(下表参照)。世界的にマイナースポーツであるフィギュアスケートが、ロシア国内では人気スポーツであることはオリンピックのメダル実績に現れているが、近年ISU主催のグランプリシリーズ、ユーロ/四大陸選手権、世界選手権の総てをインターネットでライブ配信し始めたように、この競技に注ぐ労力には並々ならぬものがある。

オリンピックに於けるロシアのfigure skatingメダル獲得状況
開催地
1994 リレハンメル 3 2 0 5 5/12
1998 ナガノ 3 2 1 6 6/12
2002 ソルトレイクシティ 2 3 0 5 5/12
2006 トリノ 3 0 1 4 4/12


En savoir plus ...

tag info
, ,

28/08: 或る野球選手の日記

北京オリンピックでほとんどあり得ない惨敗を喫した日本プロ野球。1984年アマ代表で金メダルを獲得したロス五輪当時の監督松永怜一氏によると、オリンピックの結果は将来のためのリポートとして残さなくちゃいけないそう。スポーツ新聞の監督談みたいなものは初めから求められていない。プロの指導層に果たして今回の敗因を分析しドキュメント化する能力があるのか。まさかオリンピック最後の野球競技を来春の第二回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)のためのタタキ台に利用しました、なんて口が裂けても言えないだろうが。野球ストーリィというのはTVのスポーツニュース、新聞、雑誌といったマスコミによって流通する。プロ野球ならオンはチームの勝敗、ペナントの行方、選手個人の活躍や記録、オフは選手とフロントの駆け引き、補強やFAにヴァラエティ番組出演と、毎年同じネタが飽きもせず繰り返される。2001年秋にFAでオリックス(当時)からカージナルスへ移籍した田口壮が「Mail from So」というタイトルで日記形式の近況報告を始めたのは2002年3月3日、まだ一般にブログという語が浸透する前のことである。2006年のワールド・シリーズ優勝メンバーとして活躍したセントルイスから今季フィラデルフィア・フィリーズへ移籍したが、若い選手が多いチームのなかで出場チャンスの激減した現在も日記は継続中である。


En savoir plus ...

tag info
,

19/08: 日本女子マラソン、北京オリンピックを敗走

昨年8月の大阪世界陸上から今年3月の名古屋国際女子マラソンまで半年間の4大レースで三名のオリンピック出場選手を選ぶ。この熾烈な競争を勝ち抜いた勝者にはさらなる試練、北京オリンピックでのメダル獲得の使命が待ちうけている。日本が世界に誇る代表メンバー、野口みずき(30歳、シスメックス)、土佐礼子(32歳、三井住友海上)、中村友梨香(22歳、天満屋)、および補欠の森本友(24歳、天満屋)は、しかしながら土佐は途中棄権、中村は13位、野口は直前の出走辞退、その報を受けた森本は補欠の役目を果たすことはなかった。マラソンの熱心なファンではないので負けてくれて一向構わないのだけれど、たまたまネットで野口のプライバシーをブログで暴露した記事の存在を知り、その直後に野口の出場が怪しくなって来たという噂がネットで飛び交って、なかにはブログ問題が原因だと言い出す輩もいたりして。まさかそんなことで出られなくなるわけないでしょうからと、ぼちぼちと時系列を追っているうちに事態は驚く程のスピードで進展し、本当に野口は欠場してしまうし、補欠は初めから出場する気のないことが判明する。二人で臨んだレースが終わってみると土佐と中村は惨敗。鳴り物入りで選出した四名のどれもこれもが使えなかったとは。バルセロナの有森の銀メダル以来栄華を縦にする女子マラソンに何が起こったのか。


En savoir plus ...

tag info
,
1 | 2 | Next»