Weblog

1

21/09: Alice is dead

PCゲームはカードゲームやピンボール等を時折思い出したようにするぐらいで、寝食を忘れて打ち込む程ではない。例外的にハマったとしても長続きしない。すぐあきちゃうのだ。今回紹介するゲームは偶然RSS*1で目に留まったもので適度に軽いタッチだから凭れない替りにいくらでも行けそうである。タイトルの「Alice Is Dead Chapter 1」からすると、お替わりが届く日はそう遠くないかも。

Alice_Is_Dead Chapter 1

◆Alice Is Dead Chapter 1 へのリンクはこちらから
legitgames:Alice Is Dead Chapter 1
newgrounds:Alice Is Dead Chapter 1


En savoir plus ...

tag info
, , , ,

26/03: こんにちは, スポッツニュースです-2-

[承前] 引き続いてSBSスポ−ツニュースの英訳の問題点について考察する。



En savoir plus ...

tag info
, , ,

22/03: こんにちは, スポッツニュースです-1-

3月14日に海の向こうの韓国でオンエアされた一つのニュースがフィギュアスケートファンの間に物議を醸すことになる。

韓国SBS スポーツニュース キムヨナ独占インタビュー

その日、韓国では公共放送のKBS、民放のMBCに次ぐキー局、SBSのスポーツニュースが同国のフィギュアスケート選手キムヨナへの独占インタビューを放送している。報道内容は「同国唯一のトップ選手であるキムは試合前のウォームアップ時、他国選手から意図的な練習妨害を受けている。妨害しているのは日本選手である。」というものである。世界選手権まで10日足らずのこの時期にこうした報道が行われることも異例なら、特定国を名指しているからというのではない、練習妨害を問題にすることそれ自体が異例である*1。ニュース映像はその日のうちに韓国のyoutubeにアップされる。直後から報道のメッセージ「日本人による妨害行為」の強化を目的とする種々の派生動画が韓国のキムヨナファンの手で作成されてyoutubeにアップされる。それらには続々とハングルによるコメントが付けられて韓国内でWBCほどではないにしろホットな話題となる。情報は少しの時差で日本の浅田真央ファンによってキャッチされて国内掲示板やSNSにニュース動画の所在が知らされるのを合図にそれに対する反論コメント作戦が開始される*2。さらにその後、ニュースは主要な北米のフィギュア掲示板に飛び火して世界中のファンの知る処となる。SBSニュースにはキム選手のインタビューだけではなくて最近の競技会でのキム選手の練習風景の切れ端し映像がいくつかモンタージュされているのだが、キム選手に悪さをしたという選手は映像内でモザイク処理で表わされている(恰も犯罪者であると云わんばかり!)為、それが誰なのかは判読不能である。ところが派生動画のほうではモザイクをかける前の動画が使用されているものもあったりもするので犯人特定は容易である。SBSでぼかされているのは浅田真央、中野友加里の2名である。さらに派生動画のほうは「日本選手による妨害行為」のメッセージを敷衍すべく、オリジナルに無い安藤美姫の捏造動画*3が追加される。こうして半日も経過しない間に日韓ファンのヒステリックな祭り状態になる。ところが一夜明けてみるとあ〜ら不思議、騒動は一気に終息へ向かう。言い出しっぺのSBSは当該動画の著作権者という伝家の宝刀を抜いてyoutube動画を削除する火消しに躍起となる。そして韓国のキムファンは、キム選手はインタビューで日本選手とは明言しなかった、とか、SBSがインタビューを意図的に捩じ曲げて反日感情を煽る番組を作成した、とか、SBSに云わせると、韓国ファンが暴走した、とかetc.。北米掲示板の議論の方向も「SBSの行き過ぎ報道」という穏当な落とし処に落ち着いた後は日韓の掲示板にナショナリズムの火種がぶすぶすと燻り続けるばかりである。


En savoir plus ...

tag info
, , , ,

05/02: チューリップ、黄水仙、クロッカス

去年の10月初旬、庭に蒔いた球根たちが目覚めはじめた。植物は繊細な性質を持っていて周囲に影響され易い。でんでんむしむしかたつむり…角出せ足出せ頭出せの要領で早く咲け咲けとせっつかれると反ってひねくれてしまうものらしい。見て見ぬ振りの放任主義でいた。そうしたら二月三日、ふと覗いたプランターにチューリップ、黄水仙、クロッカスの新芽がニョッキリ。嬉しくて記念に動画を作成。主にiMovieHDを使用する。傍らに直播きしたチューリップたちのほうは何の音沙汰もないのが不安だ。辺りに母が庭掃除の際に踏み固めた足跡がくっきりと残っている。母の重みで窒息させられたのならどうしよう。


En savoir plus ...

tag info
,

22/09: 雨が続きます

映画の雨について考えている。ドキュメンタリ的僥倖でもないと映画でリアルな雨を目にすることはない。運良く撮影時に雨と遭遇し得たとしても劇映画で十分な効果を上げる為には通常目慣れた程度のものでは不足でほんとんど台風に近いものが必要である。実験映画作家ヨリス・イヴェンスの映像詩『雨』*1が美しいのは劇映画では背景(ときには文字通り画だった)に過ぎない道路、建物、通行人といった景観の構成物を介して多様なアングルの雨を実体化したことによる。フィルムノワールの必要条件としてよく雨に濡れた夜の舗道が挙げられるのは照明効果上の問題ばかりではない、ドラマの筋立てとしての都市が生々しい奥行きを獲得するのに夜と雨のワンセットほどうってつけのものはなく、そのリアリゼーションは想像以上に困難である。久しぶりにラングの『飾り窓の女』を再見し、雨の夜の殺人の素晴らしさにまたぞろ浸されてしまう自分がいた。


En savoir plus ...

tag info
, , ,

04/12: 新採点方式と女子フィギュア

フィギュア・スケートに現行の新採点方式が導入されたのは2004のシーズンからです。それまでの減点方式が一部加点方式になって、理論上採点の天井が無くなりました。ポスト・オリンピック・シーズンである2006-2007は新採点法も定着し始めたようで、今年のグランプリシリーズ全6戦が終わったところで、選手たちのプログラム傾向も見えてきたようです。採点方の概略は、難易度によって基礎点が細かく設定されたジャンプ、スピン、ステップ等のエレメントとその実施で判定されるTES(加点法)と、スケーティング技術やプログラムのまとまり等で採点されるPCS(減点法)の合計値です。本来はそうではなかったにも拘らず、3シーズン目に入った現在、前者は曾ての技術点、後者が表現点に落ち着きつつあるようです。そうなってくると大きな加点の望めるエレメントを人よりも沢山詰め込んだ人が有利になるでしょう。年末の福引きで行われる現金掴み取り大会にコツがあるようにこちらの方もコツがあるというわけです。しかし出来る人がどんどん難度の高い技を詰め込む点取虫プログラムは、技の種類や組合わせが限られていたり、また高配点の技はジャンプに集中していたりするため、ジャンプを優先してスピンやステップをそのつなぎにする構成になりがちです。結局プログラム構成の均一化は避けられないことでしょう。


En savoir plus ...

tag info
, , ,

30/05: Ti amo campionato

Ti amo campionatoは「君は選手権試合が好き」の意味である。サッカーは殆ど詳しくなくて当初はヴィデオだけ見ていたのだけれど、何かユーモラスな作品である。眉毛に特徴のあるお兄さんがナリキリの素人丸出しでラップしてる、その背景は視覚加工されてサッカーの実況録画や政治家風の人物のコメントに繋がる、ラップ画像はまたテレビスタジオでオンエア中らしくてそこでは唄に合わせて勝手にはしゃぎ回る人々がいて…。このヴィデオはイタリア語でテキスト化されているので、ヴィデオを聞き取れなくても意味を理解することは可能かも知れない。




En savoir plus ...

tag info
, ,
1